サラシアの効果

サラシアの効果

   サラシアの効果

 

 

                   

 

サラシアの作用機序は、αグルコシダーゼ阻害活性

 

 サラシアは、別名コタラヒムブツと呼ばれており、アーユルベーダの伝統医療から利用されており、糖尿病及び糖尿病予備軍の人が飲むと、尿中糖度も低下する事で知られています。

 

サラアシには、コタラノールという有効成分が含まれており、糖質分解酵素のαグルコシダーゼの作用を抑え、炭水化物の分解を抑制する効果が有ります。αグルコシダーゼの働きを抑えることによって、小腸での糖質吸収を遅らせて、体外への排出を促すという仕組みです。しかしながら、あくまでも食後の糖の吸収を穏やかにする効果しか有りませんので、高血糖を根本的に改善することは困難です。

 

サラシアは、食事と一緒にお茶として摂取するのがオススメです!

 

出来れば、食前から飲む様に心がけて下さい。。

 

糖質の吸収を抑えるとともに、取り込まれた血糖を速やかに骨格筋への移行を促す、グルコーストランスポーターの活性を高めることで、糖尿病を予防することが出来ます。
インスリンの効果を促進させる代表的な成分は「ピニトール」と呼ばれる成分や「コロソリン酸」と呼ばれる物質です。これらはインスリン抵抗性を改善する天然成分としても知られています。

 

 

 

 <血糖値を下げる作用メカニズム>

 

 (1)インスリンの分泌を促進するタイプ・・・医薬品のみ

 

 (2)糖の吸収を抑え、食後血糖の急上昇を抑えるタイプ・・・医薬品、健康食品

 

 (3)GLUT4を活性化し、血糖値を下げるタイプ・・・健康食品

 

 

 

 


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す