難消化性デキストリン

難消化性デキストリンの効果

   難消化性デキストリンの効果

 

 難消化性デキストリンは、加熱処理した馬鈴薯デンプンをアミラーゼで加水分解し、未分解物より難消化性成分を分取して脱塩、脱色して調製される水溶性食物繊維で、安価に製造することが出来るため、食後の糖の吸収を抑える成分として、多くの健康食品に配合されています。

 

デンプンは、通常アミラーゼによってマルトースに分解され、最終的には、グルコースとなりますが、このアミラーゼでは分解しにくい成分を精製することで、難消化性デキストリンが得られます。

 

難消化性デキストリンの作用は、アミラーゼ阻害作用

 

 デキストリンは、食物繊維ですので整腸作用が有り、便秘にも効果的です。また、古くから食品に利用されていますので、安全性の高い食品原料と言えるでしょう。難消化性デキストリンには鉄や亜鉛などのミネラルの吸収阻害がないことも確認されていますから、他の食品との同時摂取による弊害が少ない点も特徴です。。

 

難消化性デキストリンは、その安全性のみでなく、熱および酸に対する安定性も有しており、保存性などの物性にも優れているために広範囲の食品へ応用されています。また、整腸効果、血糖調節効果などに関する人体での生理作用についても、厚生労働省が一定の機能表示が許可されています。(特定保健用食品)

 

血糖調節効果については、「糖の吸収を穏やかにするので、血糖値の気になる方に適しています」や「血糖値の気になり始めた方の食生活の改善に役立ちます」などの表示が付けられて販売されています。他にも、血清コレステロール、中性脂肪の低下効果についても評価がされています。しかしながら、あくまでも食後の糖の吸収を穏やかにする効果をもつ成分ですから、そもそも過剰な糖質摂取を控えることが最優先と言えるでしょう。

 

難消化性デキストリンは、食事と一緒にお茶として摂取するのが効果的です!

 

 お茶などと一緒に難消化性デキストリンを摂取し、体に糖分を取り込まない様にして食後血糖に注意するとともに、インスリン代謝を改善してくれるサプリメントなどを併用することで、より効果が実感できると思います。

 

 

 

 <血糖値を下げる作用メカニズム>

 

 (1)インスリンの分泌を促進するタイプ・・・医薬品のみ

 

 (2)糖の吸収を抑え、食後血糖の急上昇を抑えるタイプ・・・医薬品、健康食品

 

 (3)GLUT4を活性化し、血糖値を下げるタイプ・・・健康食品

 

 

 


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す