インスリン分泌促進剤

インスリン分泌促進剤

 

 速効性インスリン分泌促進剤は、インスリン分泌を刺激するお薬です。

 

速効性インスリン分泌促進剤の作用メカニズム

 

速効性インスリン分泌促進剤は、最も強い作用をもつインスリン分泌促進剤です。

 

インスリン分泌促進剤はその名前の通り、すい臓β細胞に働きかけてインスリンの分泌を促進する作用を持っています。

 

作用のメカニズムはSU薬(スルホニル尿素薬)と似ているのですが、SU薬よりもさらに吸収・分解が速いことに特徴があり、主に食後の高血糖対策として用いられています。

 

一般に、服用から約30分後に効果が発現し、約60分後に効果が最大に達し、約4時間後に効果が消失しますので、食事の直前の服薬を遵守しなければなりません。

 

 

※インスリン分泌促進剤を服用される際は、下記の点にもご注意ください。※

・吸収が速く、短時間でインスリン分泌が促される。

 

・半減期は1時間前後と短く、食後高血糖の是正に適している。

 

・必ず食事の直前に服用すること(食事の30分前の服用で低血糖の例も有ります)

 

・副作用の低血糖に注意すること。

 

・ショ糖(砂糖)20gなどを常に携行すること。

 

・特に肝・腎障害があると低血糖が起こりやすい。

 

<インスリン分泌促進剤と似た作用をもつお薬>
スルホニル尿素薬
チアリジン誘導体
DPP4阻害薬

 

上のページに戻る


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す