DPP4阻害薬

DPP-4阻害薬

  DPP-4阻害薬は、間接的にインスリンの分泌を促進させるお薬です

 

 

インクレチンは、消化管内の糖濃度に依存してインスリン分泌を促し、血糖を低下させる役割を担う消化管ホルモンです。DPP-4阻害薬は、このインクレチンの分解酵素であるジペプチジルペプチターゼ-4(DPP-4)を阻害し、インクレチンの作用を促進させる働きがあります。経口薬として使いやすいため、現在多数の製品が開発されています。

 

 

・1日1回〜2回投与でHbA1c、空腹時血糖値、食後血糖値を改善。

 

・食事の影響を受けず、常時投与も可能。

 

・独特の作用機序を有し、低血糖症や体重増加などの副作用を起こしにくい。

 

 

 

 

上のページに戻る


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す