インスリン分泌を促す

インスリンの分泌を促す

血糖値を下げる作用メカニズム(仕組み)を知ることが大切です!

 お薬を服用されている場合は、必ずどのタイプのお薬が処方されているのか確認してください。

 

しっかりと作用メカニズムを見極めて、適切に健康食品やサプリメントなどで補うことに
意味が有るのです。

 

治療薬やサプリメントの作用機序は大きく分けて以下の3つがあります。

 

 インスリン分泌促進剤は、もはや自力でインスリンを分泌できなくなった場合に使用します。
糖尿病初期からインスリン分泌促進剤に頼るのは余り望ましくありません。

 

 糖質分解酵素であるαグルコシダーゼの作用を阻害することで、腸からの糖質吸収を
抑制する効果が有ります。インスリン抵抗性を改善する効果は有りませんが、お茶など
として手軽に摂取できるから、特定保健用食品を中心に多数が流通しています。

 

 糖尿病初期治療においては、インスリン抵抗性を改善することが重要です。血糖値が高い
と診断された場合、その原因の大半は体のインスリン感受性が低下していることにあります。
 最近、テレビなどでも取り上げられ注目されている様ですが、GLUT4を活性化させることが、
インスリン抵抗性を改善するためには重要だと考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

TOPページに戻る

法則B インスリン分泌を促す記事一覧

スルホニル尿素薬

 スルホニル尿素薬は、インスリン分泌を刺激するお薬です。スルホニル尿素薬の作用メカニズム スルホニル尿素薬は、1950年代に発売されて以来、現在では安価なジェネリックが流通しており多くの薬剤として販売されています。確実な血糖降下作用をもつ反面、低血糖を引き起こす危険もあるので注意が必要です。すい臓の...

≫続きを読む

 

インスリン分泌促進剤

 速効性インスリン分泌促進剤は、インスリン分泌を刺激するお薬です。速効性インスリン分泌促進剤の作用メカニズム速効性インスリン分泌促進剤は、最も強い作用をもつインスリン分泌促進剤です。インスリン分泌促進剤はその名前の通り、すい臓β細胞に働きかけてインスリンの分泌を促進する作用を持っています。作用のメカ...

≫続きを読む

 

DPP4阻害薬

  DPP-4阻害薬は、間接的にインスリンの分泌を促進させるお薬ですインクレチンは、消化管内の糖濃度に依存してインスリン分泌を促し、血糖を低下させる役割を担う消化管ホルモンです。DPP-4阻害薬は、このインクレチンの分解酵素であるジペプチジルペプチターゼ-4(DPP-4)を阻害し、インクレチンの作用...

≫続きを読む

 

アルドース還元酵素阻害薬

 アルドース還元酵素阻害薬は、ポリオール代謝を改善するお薬です  アルドース還元酵素は、神経内でグルコースからソルビトールを合成するポリオール代謝の律速酵素です。高血糖状態では、ポリオール代謝が亢進しており、グリケーション反応が急速に進行しています。糖尿病性神経障害の成因仮説として、このポリオール代...

≫続きを読む

 

 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す