2型糖尿病

2型糖尿病

 【2型糖尿病の特徴】

 

 

 糖尿病全体の95近く%を占めているのタイプの糖尿病が、2型糖尿病です。糖尿病と診断された方のほとんどが2型糖尿病だと言えるでしょう。

 

2型糖尿病の要因としては生活習慣の乱れや、偏食、そして運動不足などが挙げられます。ほかには、遺伝的要因も関連していると指摘されています。

 

これらの生活習慣が続くと、血糖値を下げるためのインスリンが、常に大量に分泌し続けることになるため、どんどんすい臓が疲れてきって、悲鳴を上げて対応できなくなるのです。そうすると、インスリン自体が不足する訳ですから、血液中の糖分を体に取り込むことができません。そうなると、それらの糖は尿から排出されることになってしまって、糖尿病が発症するのです。

 

すい臓を酷使することが、2型糖尿病の直接的な発症原因と考えられています。

 

2型糖尿病は1型糖尿病と違って予防することが十分可能な病気です。

 

生活習慣や食生活を見直すことで、十分に予防が可能です。また、糖の吸収を抑える健康食品や、インスリンの効きをサポートしてくれるサプリメントも予防には有効だと考えられます。 2型糖尿病は自覚症状に乏しいことが多いのですが、慢性的な高血糖障害によって、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経症などが引き起こされてしまいますから、2型糖尿病と診断された場合には、速やかに適切な医療方法を選択しなければなりません。

インスリン分泌低下とインスリン感受性の低下が主要な発生原因。
遺伝的因子と生活習慣がからみあって発症する生活習慣病。
2型糖尿病は、糖尿病全体のの9割を占める。

 

糖尿病になりやすくなる環境因子としては、圧倒的な危険因子として肥満が挙げられるほか、喫煙や運動不足どがある。いずれにせよ、メタボ対策は重要。

 

 

 

2型糖尿病

 

 

 

TOPページに戻る


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す