妊娠型糖尿病

妊娠糖尿病

 妊娠糖尿病とは

 

 妊娠中に血糖値が高くなったり、血糖値が高い状態が初めて発見された場合を妊娠糖尿病といいます。 妊娠するとインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されたり、体の臓器に負担がかかるため、糖尿病にかかる場合があります。妊娠時は、インスリンの分泌を司るすい臓も大きな負担が強いられているのです。

 

糖尿病は、遺伝的な要素も強いと指摘されていますので、親戚や家族などの血縁者に糖尿病の方がいれば、注意をしておいた方が無難です。妊娠糖尿病の場合は、出産後に自然と下がるケースが多いので、そこまで過剰に心配することは無いでしょう。もしも妊娠後も血糖が下がらず、高ぶりを見せる場合は一度、お医者さんに相談すると良いでしょう。

 

 

妊娠糖尿病の原因

 

 妊娠時には、胎盤で血糖値を上げやすいインスリン拮抗ホルモンなどが産生されるため、妊娠中期以後にインスリンが効きにくい状態になり、インスリンへの抵抗性を持った状態になり易い様です。
インスリン抵抗性をもってしまうと、血糖値を下げることが出来ず、どうしても血糖値が上昇しやすくなりますので、糖尿病のリスクが増大してしまいます。

 

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と診断されたことが有る場合や、家族や親戚に糖尿病があるなど遺伝的要因、過去に流産や早産歴があったり、35歳以上でやや高齢出産であることなどの場合は、出産後も糖尿になり易いので、定期的に血糖値または、HbA1cを計測してみると良いでしょう。

 

糖尿病だから妊娠が出来ないというわけではありません。適切な血糖値のコントロールをすれば通常の妊娠出産は出来るので、安心して大丈夫です。妊娠中はどうしても血糖値が上昇しやすいため、しっかりと検査をして、妊娠期の最適な血糖値対策を医師と相談されたらよいと思います。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群の説明はコチラ。
⇒卵巣の血糖値が高く、インスリン抵抗性をもつことで発生する不妊症(多嚢胞性卵巣症候群)

 

 

TOPページに戻る


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す