糖尿病の種類

糖尿病の種類

糖尿病には大きく分けて、4種類が知られています

 

1型糖尿病は先天気な疾患タイプの糖尿病で、インスリンが十分に分泌できないことで発生するタイプの先天的疾患です。

 

2型糖尿病は、インスリンは分泌されているものの、どういう訳か体の方で抵抗性ができてしまって効き目が悪いというものです。

 

3型糖尿病とも言われるアルツハイマー症、そして妊娠によって発症する「妊娠糖尿病」というものも有ります。大まかに分けるとこれら4種類の糖尿病が知られていますが、高血糖状態を放置してしまうと、糖尿病性合併症のみならず、アルツハイマーの成因にも繋がってしまいますので、日ごろからの適切な予防医療が大切です。

 

また、多嚢胞性卵巣症候群も糖尿病とは異なりますが、高血糖が引き金となっています。

 

多嚢胞性卵巣症候群の説明はコチラ。


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す