血糖値対策はこれで大丈夫

糖尿病を知る

糖尿病には、4種類のタイプがあることはご存知でしょうか?

 

1型糖尿病は先天気な疾患タイプの糖尿病で、インスリンが十分に分泌できないことで発生するタイプの先天的疾患です。2型糖尿病は、インスリンは分泌されているが、どういう訳か体の方で抵抗性ができてしまって効き目が悪いというものです。その他にも、3型糖尿病とも言われるアルツハイマー症や、妊娠によって発症する「妊娠糖尿病」というものが有ります。大まかに分けるとこれら4種類の糖尿病が知られていますが、高血糖状態を放置してしまうと、糖尿病性合併症のみならず、アルツハイマーの成因にも繋がってしまいますので、日ごろからの適切な予防医療が大切です。

 

多嚢胞性卵巣症候群の説明はコチラ。

糖尿病を知る記事一覧

糖尿病の種類

糖尿病には大きく分けて、4種類が知られています1型糖尿病は先天気な疾患タイプの糖尿病で、インスリンが十分に分泌できないことで発生するタイプの先天的疾患です。2型糖尿病は、インスリンは分泌されているものの、どういう訳か体の方で抵抗性ができてしまって効き目が悪いというものです。3型糖尿病とも言われるアル...

≫続きを読む

 

1型糖尿病

 【1型糖尿病の特徴】 1型糖尿病は、すい臓のランゲンハルスβ細胞の異常が先天的に認めらるため、インスリンの分泌が極度に不足してしまう病気で小児期から起こる糖尿病のタイプです。 もしも、体内でインスリンが作られないタイプの先天的疾患だとすると、一生涯インスリンを外部から注入しなければならず、難病とさ...

≫続きを読む

 

2型糖尿病

 【2型糖尿病の特徴】 糖尿病全体の95近く%を占めているのタイプの糖尿病が、2型糖尿病です。糖尿病と診断された方のほとんどが2型糖尿病だと言えるでしょう。2型糖尿病の要因としては生活習慣の乱れや、偏食、そして運動不足などが挙げられます。ほかには、遺伝的要因も関連していると指摘されています。これらの...

≫続きを読む

 

3型糖尿病

 【3型糖尿病の特徴】 3型糖尿病とは、アルツハイマー型認知症の事を指します。 インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣や運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβの蓄積を促しているとの最新の研究結果が米国の学会で発表されました。アルツハイマーの成因仮説として最も有力視さ...

≫続きを読む

 

妊娠型糖尿病

 妊娠糖尿病とは 妊娠中に血糖値が高くなったり、血糖値が高い状態が初めて発見された場合を妊娠糖尿病といいます。 妊娠するとインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されたり、体の臓器に負担がかかるため、糖尿病にかかる場合があります。妊娠時は、インスリンの分泌を司るすい臓も大きな負担が強いられているのです...

≫続きを読む

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

卵巣内のインスリン抵抗性が原因 不妊症のうち最も多い原因疾患が多嚢胞性卵巣症候群であり、国内では、血糖値を下げる薬物療法や、排卵誘発剤による治療が行われています。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、肥満や高血糖、生活習慣因子などによって、体内のインスリン濃度が上昇し、男性ホルモンの産出過剰を招くことで...

≫続きを読む

 

 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す