インスリン抵抗性とは

インスリン抵抗性とは

インスリン抵抗性とは

 

 糖質の過剰摂取を控えて、食物繊維もしっかり摂っている。

 

でも、血糖値が下がらない!

 

この様な場合は、インスリンの効きが悪くなっているかも知れません。

 

インスリンの効きが悪くなってしまうと、インスリンが分泌されていても、血糖値が下がらず高血糖となってしまいます。

 

この状態を医学的には「インスリン抵抗性」あるいは「インスリン感受性の低下」と呼んでいます。

 

インスリン抵抗性の原因

 

運動不足による内蔵脂肪(TNFα)の蓄積や、加齢によって筋肉細胞でのブドウ糖の取り込み機能が低下してしまい、
インスリン抵抗性が引き起こされると考えられています。

 

糖尿病は早期発見・早期治療が大事!

 

 インスリン抵抗性をもってしまうと、血糖値がなかなか下がりません。

 

血糖が下がらないと、膵臓が血糖値を下げようとして、さらにインスリンを分泌します。

 

この様な状況が続くと、やがて膵臓が疲弊してしまい、インスリンの分泌能力そのものが低下してしまうのです。

 

インスリンの分泌量が低下すると、最終的にはインスリン注射に頼らなくてはなりません。

 

こうした理由から糖尿病は早期発見・早期治療が啓発されているのです。

 

インスリン抵抗性を放っておいてはいけない理由がお分かり頂けたでしょうか?

 

インスリン抵抗性を改善する植物成分

 

 

血糖の流れを良くしてインスリン抵抗性を改善する

 GLUT4(糖輸送担体)という言葉を耳にされたことはあるでしょうか?

 

医学用語ですから、一般の方は聞きなれないかも知れませんが、このGLUT4を活性化させることが糖尿病治療に重要であると最新の研究からも明らかになっています。

 

糖の取り込みを調整するGLUT4(グルコーストランスポーター)とは?

 グルコーストランスポーター(GLUT4)は、糖輸送担体とも呼ばれ、細胞内へグルコースを取り込む役割を担っています。インスリンが分泌されると、このGLUT4が細胞膜表面に現れて、糖を筋肉組織に取り込むため血糖値が下がるのです。しかしながら、生活習慣や加齢が原因でGLUT4の数が減少したり、機能が緩慢になると、糖を取り込む能力が低下してしまうのです。これがインスリン抵抗性と呼ばれる状態です。

 

インスリン代謝経路で重要な役割を果たしているGLUT4を活性化させる成分としては、ピニトールという植物成分が知られています。

 

ピニトールは、こうした作用をもつことから植物性インスリン様物質とも呼ばれ、臨床試験でもその効果が明らかになっています。

 

インスリン抵抗性を改善するピニトールの効果

 

 


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す