ピニトールの効果

ピニトールの効果

 ピニトールの血糖値改善作用とは

 

 

 ピニトールは、植物性インスリンとも言われ、主にマメ科の植物に存在する天然の成分です。

 

糖の取り込み機能を調節する糖輸送担体(GLUT4)と呼ばれるタンパク細胞を活性化させて、インスリン感受性を亢進する作用があるため、血糖値を下げる植物成分として知られています。

 

 

糖輸送担体(GLUT4)を活性化すると、なぜ血糖値が下がるのか?
病院などでは、運動療法を推奨されますが、その理由がまさに糖輸送担体(GLUT4)の作用を期待したものです。高血糖の方は、インスリン抵抗性をもつ場合が多く、血糖値が下がりにくくなっています。しかしながら、運動をすることで、AMPキナーゼという体内酵素が刺激され、インスリン分泌とは関係なくGLUT4が作動します。その結果、血液中のブドウ糖が体に取り込まれ、血糖値が下がるのです。

GLUT4(糖輸送担体)とは・・・
GLUT4は、骨格筋細胞へのグルコース(血糖)の取り込みを仲介する蛋白細胞で、
血糖の輸送や消費と深く関連しています。

 

AMPKとは・・・
AMPKとは、AMP活性化プロテインキナーゼといい、運動によって生じる細胞内エネルギーの枯渇を感知して、その回復に努める分子機構です。
AMPKが活性することで、細胞内GLUT4が細胞外へ移動して、ブドウ糖の取り込みを行います。その結果、血糖値が安定するのです。

 

 

糖尿病を予防するには、ブドウ糖を細胞の栄養として、しっかりと取り込むことが大切だという事がお分かりになったでしょうか?

 

現在、GLUT4の機能解析やAMPKの作用については、東京医科大学や神戸大学などで最先端の研究が進められています。

 

運動する ⇒ AMPKの作用 ⇒ GLUT4の膜移動 ⇒ ブドウ糖取り込み ⇒ 血糖値調整

 

生活習慣による2型糖尿病(境界型含む)の場合、インスリン感受性が低下していますので、運動を行うことでインスリン代謝とは別に、
血糖値を調整できる運動の習慣が不可欠です。

 

ピニトールには、GLUT4を活性化させて、血糖値を下げる作用がありますので、血糖値の改善にも有効だと言えるでしょう。

 

 

ピニトールが含まれる食品とは?

 

 

 

 

 

 


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す