チアゾリジン誘導体

チアゾリジン誘導体

  チアリジン誘導体はインスリン抵抗性を改善するお薬です

 

 

 骨格筋および肝臓におけるインスリン抵抗性を改善し、インスリンの相対的な作用を高めて血糖値を下げる働きがあります。薬剤自体がインスリンの分泌を促すわけではないので、単独使用で低血糖の危険は少ないという特徴があります。 インスリン受容体に作用してインスリン抵抗性を改善し、肝臓での糖産生が抑制され末梢での糖利用が高まります。

 

・インスリン抵抗性改善による血糖降下作用を示し、単独での低血糖はほとんどみられないが、低血糖がある薬剤との併用には注意。

 

・副作用として肝機能障害、浮腫、心不全、肝障害、体重増加に注意する。

 

 

<関連記事>

インスリン抵抗性を改善するピニトールの効果

 

 

上のページに戻る


 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す