インスリン抵抗性を改善する

インスリン抵抗性を改善するには

インスリン抵抗性があると血糖値が下がらない!

 インスリン抵抗性とは、簡単に言うと、インスリンが効きにくい状態を言います。
インスリンは、膵臓から分泌されて、骨格筋にグルコースを取り込ませることの出来る唯一のホルモンです。
しかしながら、インスリン抵抗性をもってしまうと、インスリンが分泌されていても、体の方で糖の取り込みが上手く行えず、血糖値がなかなか下がりません。

 

 

⇒インスリン抵抗性をもつと、血糖が下がりません。

 

 

どうしてインスリン抵抗性が出来るのか?

 なぜインスリン抵抗性が生じるかは、まだ十分に解明されていませんが、インスリン抵抗性の発現に関与している遺伝子も幾つか報告されています。

 

インスリン受容体異常、糖輸送担体(GLUT)やインスリン代謝機構でのトラブルが問題なのですが、これらのトラブルを引き起こす理由としては、運動不足や糖質過剰な食生活、中性脂肪の蓄積などが挙げられる様です。

 

しばしば糖尿病とメタボリック症候群との関係性が指摘されますが、脂肪細胞が肥大化すると、中性脂肪がTNFαと呼ばれる分泌物を放出するのですが、これがインスリンの働きを弱めてしまう原因となっているのです。

 

 インスリン抵抗性をもった状態が続いてしまうと、膵臓はより多くのインスリンを分泌して血糖値を下げようとします。

 

そうなると、膵臓が酷使されることで、やがて疲弊してしまいインスリン分泌不全に陥ってしまうのです。

 

インスリンが分泌されないと、当然ながら血糖値は下がりませんので、合併症の進行につながってしまうのです。

 

以上のことから、糖尿病を予防するためには、初期の段階でインスリン抵抗性を緩和して、膵臓の負担を軽減することが、重要であると言えるでしょう。

 

インスリン抵抗性を緩和するためには、糖輸送担体(GLUT)の働きを活性化することがポイントになりますので、やはり運動を行うことが最良の手段となるかも知れません。

 

インスリン抵抗性を改善するには?

法則@ インスリン抵抗性を改善する記事一覧

ピニトールの効果

 ピニトールの血糖値改善作用とは ピニトールは、植物性インスリンとも言われ、主にマメ科の植物に存在する天然の成分です。糖の取り込み機能を調節する糖輸送担体(GLUT4)と呼ばれるタンパク細胞を活性化させて、インスリン感受性を亢進する作用があるため、血糖値を下げる植物成分として知られています。糖輸送担...

≫続きを読む

 

コロソリン酸の効果

コロソリン酸(バナバ抽出物)の効果 コロソリン酸とは、ミソハギ科の植物であるバナバの有効成分で、トリテルペノイドの一種です。膵臓から分泌されるインスリンは、消化吸収されたブドウ糖を、血液中から細胞に取り込むよう指令を出すホルモンです。このインスリンシグナルを受けて、GLUT4(グルコーストランスポー...

≫続きを読む

 

ヒグアナイド薬

 ビグアナイド薬は、糖新生を抑制するお薬です SU薬(スルフォニル尿素薬)より数年遅れて販売された薬剤で古くから利用されており現在は、メトホルミンとブホルミンの2剤が使われています。ビグアナイド薬は、特にSU薬で効果が十分でない人に処方されています。SU薬が膵臓に作用するのに対して、ビグアナイド薬は...

≫続きを読む

 

チアゾリジン誘導体

  チアリジン誘導体はインスリン抵抗性を改善するお薬です 骨格筋および肝臓におけるインスリン抵抗性を改善し、インスリンの相対的な作用を高めて血糖値を下げる働きがあります。薬剤自体がインスリンの分泌を促すわけではないので、単独使用で低血糖の危険は少ないという特徴があります。 インスリン受容体に作用して...

≫続きを読む

 

 
TOPページ 法則@インスリン抵抗性を改善 法則A 糖の吸収を穏やかにする 法則Bインスリン分泌を促す